子供がいる方は子供の母子手帳を翻訳しておきましょう。子供が現地の学校などに入学する際には予防接種の証明が必要となります。 何らかの追加接種は必要となるのですが、日本で何を接種したかを医者に説明しなくてはいけません。母子手帳の翻訳は接種証明にもなりますので、 必ず翻訳して持参しましょう。

また、家族の健康診断書の翻訳を準備した方が良いです。特に何か病歴がある人はそれらを記録した英文の健康診断書を持っていると、現地で病院に行ったときに役立ちます。

英文翻訳はかかりつけの医師にお願いしたり、翻訳サービスの会社にお願いしたり、自分でやったりなどいろいろ手段はあるようですが、私は母子手帳の英語翻訳を予防医学推進センターにお願いしました。 翻訳手数料は、1件(一人分)5000円でした。現在は6000円のようです。

英訳箇所

1.出生届済証明
2.出産の状態
出生の場所、身長、体重、胸囲、頭囲
3.予防接種欄
予防接種年月日、接種医療機関

アメリカで必要な予防接種については、予防接種のページも参考にしてください。

英訳後の内容(例)

HEALTH RECORD
Name(Last, First, Middle) : AMERICA, Taro, –
Sex : Male
Blood Type : O
Birth Date : May 5, 2000
Delivery : Normal 40 weeks and 4 days
Data at Birth : Weight : 3.000 g
: Height : 50.0 cm
: Chest Circumference : 35.0 cm
: Head Circumference : 32.0 cm
Place of Birth : Ryuugaku Hospital
: 1-1-1 iinaa, Ryuuga-ku, Tokyo, Japan
Mame of Birth Attendant : Iina, M.D.
History : He had chickenpox in January 2003
Immunization Record (Day/Month/Year)
Vaccine 1st 2nd 3rd 4th
DPT dd/mm/yyyy dd/mm/yyyy dd/mm/yyyy dd/mm/yyyy
OPV dd/mm/yyyy dd/mm/yyyy
Measles dd/mm/yyyy
BCG dd/mm/yyyy
Mumps dd/mm/yyyy
Rubella dd/mm/yyyy
Varicella dd/mm/yyyy
Japanese Encephalitis dd/mm/yyyy dd/mm/yyyy
Hepatitis B dd/mm/yyyy dd/mm/yyyy
Influenza dd/mm/yyyy dd/mm/yyyy dd/mm/yyyy

The original information on Taro America was provided by Ryuuga Ward Office (Tokyo),
Ryuugaku Pediatrics Clinic (Kanagawa Prefecture).

Translated and summarized by
Signature, Month Day, Year
___________________________________
Name, Title
Affiliation

正式な文書には組織名などが入ったヘッダーが必要です。

 

研究留学関連のブログはこちらから!
にほんブログ村 海外生活ブログ 研究留学へ
にほんブログ村