工学系社会人研究留学@UCSB(米国)の記録。渡米準備からサンタバーバラでの生活、帰国までを綴る。

はじめに

  • HOME »
  • はじめに

サンタバーバラ空港に着陸する直前の空の上から

サンタバーバラ空港に着陸する直前の空の上から(サンノゼ→サンタバーバラの飛行機にて) 中央がUCSB。右上に空港。

2008年に会社の留学制度を利用して海外の大学で研究することになりました。 ヨーロッパの大学とアメリカの大学で迷いましたが、結局、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタバーバラにあるカリフォルニア 大学サンタバーバラ校(UCSB)に留学していました(2009年3月帰国済)。UCSBは青色発光ダイオードの商用化を世界に先駆けて実現したことで有名な中村修二 教授が在籍していることでも有名です。また、2000年にノーベル物理学賞を受賞したH.Kroemer教授も在籍しています。

高校時代から英語が大の苦手で、大学受験も英語の配点の低い大学を選びました。学生時代から国際会議などで何度も海外に行っていますし、 英語での発表も何度も経験しているのですが、今でも苦手意識を払拭することができていません。 しかし、来てしまったものは仕方が無いので何とか頑張っています。留学前はいろいろなことが不安で、インターネットで留学関係サイトを読みま くりました。英語が苦手な私にとっては、日本語で書かれたそれらのホームページが大変役に立ちました。留学の記録を残しておきたいというのも もちろんですが、自分の調べたこと、体験したことをHPに残しておくことで、これから留学する方のお役に立てればいいなぁと思います。

(追記 2014/11/27)

当初、別のサーバーにてサイトを公開していましたが、この度、Wordpressの勉強を兼ねてサーバを移転し新たにサイトの構築、内容の見直しをすることにしました。ゆっくりですがコンテンツを増やしていきますのでよろしくお願いいたします。

旧サイト:http://ryuugaku.iinaa.net/

 






最近のコメント





    PAGETOP
    Copyright © 新アメリカ留学/海外赴任を乗り切る All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.