yosemiteTOP
ヨセミテは一度は行ってみたいアメリカの国立公園の一つです。いくつもの大きな滝や谷を見下ろすポイントなど見どころもたくさんあります。雄大な滝の風景を楽しむなら雪解け水の多い初夏が良いと思います。できれば国立公園内に泊まりたいところですが、かなり早くから予約しないと公園内のホテルには泊まれませんので、狙っている方は1年前から計画しましょう。

ロスやサンフランシスコからバスのツアーもあります。日本から行く場合は、サンフランシスコからバスツアーかレンタカーを借りるのが良いと思います。

ヨセミテ国立公園の写真

サムネイルをクリックすると大きくなります。

ヨセミテ

ヨセミテ

ヨセミテ

ヨセミテ

ヨセミテ

ヨセミテ

ヨセミテ

ヨセミテ

ヨセミテ

ヨセミテ

ヨセミテ

ヨセミテ

ヨセミテ

ヨセミテ

ヨセミテ国立公園情報

  • ヨセミテ国立公園 : Yosemite National Park、世界遺産
  • URL : www.nps.gov/yose
  • 開園期 : 一部を除き24時間オープン
  • 料金 : 車1台$20、その他の入場法は$10/人(チケットは7日間有効)
  • (2015年3月より車1台$30になるようです)

  • 面積 : 3045km2
  • ゲートシティ : Manteca(北西)、Merced(西)、Fresno(南西)、Lee Vining(東)

ヨセミテは春から初夏にかけて雪解けで水量が多くなります。反対に夏から秋にかけては水も少なく、 滝も涸れてしまいます。私は初夏と秋に行きましたが、この違いは驚くほどです。 壮大な滝のある景観を満喫するために、まずは水量の多い季節に訪れることをオススメします。 また、当然のことながら良い時期はホテルもすぐに一杯になってしまいます。 ヨセミテ公園内のホテルに泊まりたいのであれば、半年前でも1年前でも思い立ったらすぐに予約するべきです。

サンタバーバラからヨセミテまでのルート

私が旅行した際のルートを掲載します。もちろんマイカーでの旅行です。 サンタバーバラからヨセミテまで約350マイル。およそ6時間のドライブです。 行き帰りで同じ道を通るのもつまらないので、行きはロサンゼルスに戻るような感じでI-5、99を使い、 帰りは海側まで出て101を使って帰ってきました。Map上はUCSBを起点にしています。 行きの道はBakersfieldからFresnoまでは単調。帰りは、Fresnoから101に出るまでが単調。

行きルート
帰りルート

旅程(2008年6月27~29日)
  • 1日目(サンタバーバラ → ヨセミテ)
  • サンタバーバラからヨセミテに移動。
    ホテルまで5時間程度。途中、フレズノのスタバで休憩。
    公園ゲート手前のFish campにあるApple Tree Innにチェックイン後、グレーシャーポイントまでドライブ。
    一旦山を下ってOakhurstで夕食。

  • 2日目(ヨセミテ観光)
  • ヨセミテバレーに移動。
    駐車場に車を停めて徒歩で散策。
    ヨセミテ滝見学の後、ビジターセンター、昼食。
    巡回バスでバーナル・ネバダ滝のトレイル入り口に移動し散策。
    バスで駐車場に移動し車でブライダルベール滝に移動し散策。
    車でトンネルビューに移動。
    ホテルへ。夕食は前日の夕食と当日の昼食の残り。

  • 3日目(ヨセミテ → サンタバーバラ)
  • 早朝にグレーシャーポイントまでドライブ。
    初日に行った夕方とはまた違う趣。ホテルに戻ってチェックアウト。
    行きとは違うルートでサンタバーバラへ。途中、I-5と交差する場所のマクドナルドで昼食。

予約した時期が遅かったので、ヨセミテ国立公園の中のホテルを予約することができませんでした。 また、春から初夏にかけては、ヨセミテ国立公園の中のホテルの料金はかなり高いです。 そこで、公園入り口から2kmほど離れた、 Apple tree innというホテルに2泊宿泊しました。
Apple Tree InnはThe Delaware North Parks & Resorts familyに加わり、現在Tenaya LodgeのCottageとして運営されているようです。Tenaya Lodgeのサイト

見所MAP

私が宿泊したApple Tree Innは現在Tenaya Lodgeが運営しているようです。MAP上の表記はTenaya Lodgeになっています。 Apple Tree Innから2マイルほどで公園ゲートになります。 Apple Tree Innからヨセミテバレーまでは30マイルほどあります。グレーシャーポイントは、ヨセミテバレーに行く途中で曲がり、 ひたすら山を登ったところにあります。

園内には無料の循環バスが回っているので、自動車はビジターパーキングに停めて移動すると便利です。特に春から夏にかけては とても混雑するので、見所の近くに停車できないことも多いので、朝一でパーキングに停めてバスを使った方が効率よく回れます。

研究留学関連のブログはこちらから!
にほんブログ村 海外生活ブログ 研究留学へ
にほんブログ村